原因を知ることでO脚を改善する

直立したときに、両膝の間に空間ができてしまう、脚が曲がった状態のことをO脚と言い、日本人の約9割がO脚だと言われています。先天性の場合以外は、骨自体の異常などではなく、間接や筋肉の状態が悪くて曲がっているように見えるのです。その原因は歩き方、立ち方、すわり方、寝方による、普段の生活によることがほとんどで、生活の悪い癖を改善することが、O脚の改善へとつながることになります。変形したままにしておくと、冷え性やむくみ、腰痛、関節痛、不妊症などの原因となることもありますので、できるだけ治した方が健康になれます。軽い症状であれば、足を組んで座らない、あぐらをかかない、イスに座るときに両膝を密着させるように気遣う、正しい歩き方をマスターして心がけるなど、普段の生活習慣をただすだけで、状態が良くなることがあります。普段の生活の中で、姿勢に気をつけるだけで、時間はかかるかもしれませんが、かなり症状が改善されてきます。左右の膝が10センチ以上開いてしまうような、重症の場合は、生活習慣をただしただけでは、なかなか治癒することが難しいため、専門医にかかることをおすすめしますが、普段の生活習慣を見直すことは大事です。

O脚を改善するのに良い方法

O脚の人はその見た目で悩んでいる方がたくさんいます。しかし実は体にも影響を及ぼしてしまうことを知っている人はそれほど多くありません。この脚のタイプの人は疲れやすいですし、また腰や背骨、また内臓機能にまで負担をかけてしまいます。O脚になる原因の一つには骨盤が開いてしまったことがあります。ではなぜ骨盤が開いてしまうのかということですが、体の重心が後方にあるからなのです。つまり体のゆがみがあるということです。このゆがみをなおさなければ、どれだけやっても同じことの繰り返しになってしまいます。体のゆがみの治し方は専門家に相談するのが一番良いのですが、日常から自分でもできる方法はあります。それは椅子に座る時に膝をくっつけて座ることを意識することです。膝に小さなクッションなどをはさんで落とさないようにすることで筋肉が鍛えられて効果もアップします。またあぐらをかかないことや足を組んで座らないことでも改善されます。O脚を改善しないままにしておくと、代謝が悪くなり、老廃物や余分な水分がたまりやすくなって下半身太りの原因にもなりますし、ひどい場合は膝の変形もあります。膝には体重の3倍の負荷がかかるのです。ですから、なるべく早く対策をするのがよいです。